ママたちの体験談

子供を不安にさせないように気をつかった

熊本市東区 M.T 子供:4歳(女)、1歳(女) 公開日:2016.11.15 更新日:2016.11.15

前震直後

前震の時、長女は夫とお風呂に入っていて、私は次女と洗面所にいた。長女はキャーキャー泣いたり叫んだりしていた。次女も泣いていた。前震の時も結構揺れて、やかんにつくっていたお茶をふたをとって冷ましていたのだがそれが床にこぼれてその掃除が大変だった。後、食器棚の中でコップが二つ割れた程度だった。

本震直後

本震の時は、まさかそんなに強いとは思っていなかった。すぐに収まるだろうと思って布団に横になっていた。ベッドのある部屋で長女と夫、座敷で次女と私が寝ていた。揺れが繰り返しきたが、ゆれてないときは子供をなるべく寝せるようにしていた。小さい豆電球を付けて寝ていたが、それが消えたので停電したと分かった。ラインやフェイスブックで無事ですと誰に当てるでもなく発信した。うちは太陽光発電なので、非常用のコンセントが使えるけど、充電は心配だった。それに晴れないとその非常用コンセントは使えないので、晴れますようにと祈っていた。とにかく寝たいと思っていたが、こまぎれで地震が来るので寝られなかった。ひどい音もしたので1階の様子も見に行ったら、お風呂の棚が倒れていたり、冷蔵庫の中が飛び出していたり、コーヒーメーカーなどが落ちていたりしていた。暗かったので懐中電灯の中夜中に片付けをした。大きい棚などは落ち着いてから片付けようと思った。テレビやレコーダーも落ちていたので、正しい向きに置き直すなどのことをした。

明け方に、夫の母から避難所に避難した方がいいと言われたが、子供達もいるし家にいた方が無難だと思い家にいた。

水について

水は3〜4日でなかった。お風呂の水を貯めていたので、それをトイレに使っていた。温泉が開いている情報を聞いたが、とにかく道が渋滞で混んでいて2時間待ちとかはできないと思い、どうしようかと思っていた。そしたら、ママ友の旦那さんの実家が近所にありママ友はそこに身を寄せていたのだが、ご厚意でお風呂と洗濯機を使わせてもらえることになった。4軒ぐらい先なのだが、そこは電気が通っており、井戸水を電気でひいていたので、2日に1回ぐらい水をもらうことができた。容器はそのお宅にあったポリタンクを使わせてもらった。

水に関しては、近くに神社があって井戸水があったことや田んぼの用水路の水を汲めることなどを後から知ったが、その時は知らなかった。

食べ物について

食べ物に関しては、前震の翌朝買いだめをしようと9:00に開くドラッグストアに行こうと思ったが、渋滞していて帰れないと思ったので、大型ショッピングセンターに行ってみたら、休業だった。別のドラッグストアは10:00オープンだったが、同じように買い物に来たお客さんでいっぱいだった。みんな開店と同時に一気に水に走っていった。何を買ったらよいか分からなかったので、麦茶や子供達を安心させるための小さいゼリーやあめ、カントリーマーム、ごはん、レトルトのパック、食パンなどを買った。他の人のかごをちらちら眺めながら、どんなものを買ったらよいか考えていた。予算もあるし、缶詰など1個買ったら100円なので、迷った。結局7,000円ぐらいになったりして難しかった。冷蔵庫の中にあったジャムでパンを食べたり、アルミホイルをお皿がわりにしたり、冷凍ご飯のストックを溶かしたものを納豆ご飯にして食べたりした。買い物に行けないので、少しずつ食べ物は食べていた。

うちはオール電化なので、電気が通ったら料理ができたが、買い物に行けないのと洗い物が難しい、また水の買い置きもなかったので、水が必要なカップ麺などを食べるのも遠慮がちだった。パンやレトルトご飯、スナック菓子にお世話になった。17日、18日ぐらいに近くのコンビニが開いているという情報があって行ったが、品薄だった。ザーサイが目に留まり、パンとかやわらかいものばかり食べていたので買った。野菜ジュースは、大きなパックよりも小さなパックの方が衛生的だと思いそちらにした。

あった方がよかったものとしては、カセットコンロ。ご近所さんがそれで煮炊きしていたので、あると心強いなと思った。4月だったのでものが腐る心配はあまりなかったけど、冷凍庫に保冷剤を常にストックしておきクーラーボックスも用意しておくと、開け閉めがあまりできない冷蔵庫の代わりになりいいのではないかと思う。

子供達には、不安にさせないように「いつもと違って面白いね」と言ったりとか、普段は与えていないあめやチョコレートなどを与えたりするなどして、嫌な思いをさせないようにしていた。幸いあまり怖がったりしなかったのはよかった。

支援物資をもらいに

支援物資の情報を友達からもらったが、渋滞しているので車で行くよりも歩いていこうと思い、大きなリュックを背負って歩いてもらいに行った。二カ所、二時間くらいかけてもらいに行った。高校教師をしている夫は学校が避難所になっているので家にいた。なので夫に子供を見てもらって、自分が支援物資をもらいに行った。このあたりはそんなに被害はひどくなかったので、支援物資をもらう場所もそんなに混雑はしていなかった。焼き鳥屋さんの駐車場で、トマトやキャベツなどの生野菜を配ってくれていた。スーパーが開いていなくて野菜が食べられなかったので、みずみずしいそれらの食材がとてもありがたかった。

情報について

情報に関しては、フェイスブックやラインで友人の安否確認などができた。充電の心配があるので、既読になっていたら無事ということにしようということになっていた。他県に実家がある人の中で実家に避難している人は、実家に帰って情報を仕入れてくれて伝えてくれた。テレビが見られなかったのでとてもありがたかった。

ラインでまわってきたこと。まず、4月○日に○○小学校で焼き肉の炊き出しがあるというガセ情報。当該小学校も問い合わせで大変だったという。それと、避難所での性的被害・避難している家を狙った空き巣、点検という名の強盗などの情報が車のナンバーや人物の特徴と合わせてまわってきた。リアリティがあるけど連日の余震で神経がまいっていて、どこまで真剣に受け止めたらいいのか悩んだ。そして、○月○日にまた大きな地震が来るから備えるようにと有識者からの情報、拡散希望という内容。とっても不安になった。気象庁のサイトを見ると、地震が起きる日時は今の技術では分からないとあったので、デマだと分かり一安心。でも同時に苛立った。

買い置きに執着する日々

4月下旬にはスーパーも開いていて普通に生活ができていたけど、6月のはじめぐらいまでは、トイレットペーパー類・お菓子・食べ物などを買い置きするのに執着していた。

あって助かったものは、赤ちゃんのおしりふきやウェットティッシュ。水が出ない時、顔や手を拭くのに重宝した。

お風呂を貸してくれたママ友の妹さんが福岡から物資を買って持ってきてくれた。事前にリクエストを聞いてくれたけど、その数の倍以上プラスアルファの品物を大きな段ボールで送ってくれた。相当のお金を渡そうとしたけど、受け取られなかった。もし私が困った時があればその時お願いしますと言われたので、ありがたく受け取った。実家長崎の友人達が何か送ろうかと良く声をかけてくれたが、地震の直後は運送会社もストップしていたし、復活しても混乱や業務量などが半端なく増えるだろうから、我が家はまだ我慢できると思って遠慮した。

また、我が家に水が出るようになっても、まだ出ない地域もあったので、避難所などの方の洗濯を代行するボランティアを思いついた。でも、互いの信頼関係もなく、チラシを作ったもののこちらの電話番号を載せるのも気が進まないし、洗濯できる量にも限りがあると考えて、結局できなかった。

長距離歩けない人や物資情報がまわってこないお年寄りの方のために、配給の仕組みが地震のすぐ後からあるといいなあと思った。

(エリア:熊本市東区)

教訓
  • オール電化の場合、停電に備えてカセットコンロの用意を
  • SNSなどでまわってくるマイナス情報に振り回されないように
  • 赤ちゃんのおしりふきやウエットティッシュは水が出ない時に便利
  • 歩行困難な人や物資情報がまわってこないお年寄りのための配給の仕組みがあるとよい