ママたちの体験談

雨と地震の恐怖

阿蘇市狩尾 K.Y 子供:5歳(男)、1歳(女) 公開日:2016.11.15 更新日:2016.11.15

前震・本震直後

前震の時は、小刻みな地震が何回か来る感じで、食器とかは割れた。こんな地震ははじめてというか久しぶりな感じだった。でも落ち着いていて、食器を片付ける余裕はあった。

熊本市北区の実家が前震で被害を受けたので、前震の日の夜から実家に帰っていた。本震はぐっすり寝ていた時間にきた。揺れが大きくて長かったので、子供達は恐怖で泣いていた。家族全員で外に出て、車中泊をした。実家は新築してそんなに経ってないので、被害は少なかった。子供達は車の中では泣くしいやがるので、結局車中泊したのは1泊だった。

夫は夫の実家に帰っていていなかった。夫の実家は大規模半壊だった。天井が落ちてしまったので、自宅では寝られないので夫の母と父は駐車場で何ヶ月も車中泊していた。避難所には高齢のこともあって行かなかった。

GW明けに阿蘇に戻る

ゴールデンウィークに阿蘇の自宅に帰って、片付けをした。それまでは道が通れないし水道も出なかったので帰れなかった。そしてゴールデンウィーク明けに本格的に帰ってきた。うちの裏は山なので、近所には誰もいなかった。雨も降っており、自宅の裏山は阿蘇でも一番大きく崩れている山なので…。警告音がなってから8秒で裏山が崩れてくるという情報があるので、とても怖い。地震と雨が両方来ると思うと、そわそわして恐怖で、子供達も怖がっている。避難所の体育館に2泊か3泊した。もうこの頃だったので、物資は充実していたので助かった。避難所には子供達が安心して寝ることができるよう、いつも使っている布団を持ち込んだ。5月だったけど、夜は長袖がいる季節だった。

阿蘇に帰ってきてからは、水道も通っていたし、スーパーもどこでも開いていたので助かった。友人から送ってもらった物資もあったので困らなかった。

片付けは、台所のガラスや油の掃除に苦労した。片付けに一週間ぐらいかかった。子供を見ながらの掃除なので、大変だった。下の子を下におろせないので、おんぶしながらの掃除。ボランティアの方々が来てくださることになったとき、子供の子守は依頼できるかと聞いたところ、難しいと言われたので、大変だった。一ヶ月はガラスがどこからか出てきていた。子供は靴下をはきたがらないしスリッパもはかないので。

実家での生活

熊本市北区の実家は、2〜3週間水が来なかったので、自衛隊の給水も利用した。確か一人何リットルという制限があったので、自衛隊の給水は飲み水に使う感じだった。トイレなどの水に困ったので、八景水谷水源付近に水が出ているという情報があり、その付近に知り合いがいたので、そのお宅からもらっていた。40リットルのプラスチックの漬け物樽2つにゴミ袋をしいて、車で運べるようにした。また、水がとまっていたけどお風呂の水はちょろちょろ泥水が出ていたので、それをお風呂にためたのが助かった。それでトイレとかしのげたので。洗い物は、食器にはラップをしいとけば洗わずに済んだけど、フライパンや鍋を洗うのに水を結構使った。雨でまず汚れを流して、それからもらった水で最終的なすすぎをするという感じで乗り切った。

食べ物に関しては、実家の母は買いだめするタイプだったので助かった。弁当の入れ物なども洗ってとっておくタイプだったので、そんなのを使っていたし、コンビニなどでもらった割り箸も重宝した。本震後2日ぐらいはお菓子で過ごした。買い物するにも渋滞しているし、車にガソリンも入っていなかったので。歩いて行けるスーパーもあいてなかった。2日目ぐらいにはスーパーが外で仮営業をはじめたので、バウムクーヘンなど買って確保した。電気は早めに来たので、電気ポットでお湯を沸かし、カップラーメンなどを食べることができた。

阿蘇の自宅は一部損壊

阿蘇の自宅は、一部損壊の判断だったけど、家が傾きはじめていて、ドアが自動的に閉まるなど不具合が出てきたので、再調査依頼をかけているところ。家にいられない時に外食をする機会も増えたので、お金のことを考えて仕事をはじめた。

とにかく大変だったことは、子供が地震を怖がること。大丈夫って言っても泣く。たまたま飲食店で『やっぱりおうちがいいな』という絵本を見つけた。地震は地球が風邪をひいた時にくしゃみした時に起こるという内容の本で、ただこわいっていう感じじゃなくなったのでよかった。取り寄せて、心当たりのあるところに配った。

今は気持ち的にも余裕が出てきて、雨が降った時に行く避難所にも慣れたと思う。どこに寝ればよいかなどだいぶ分かってきたので。

(エリア:阿蘇市狩尾)

教訓
  • 片付けの時子供を預かってくれるところがあれば〇
  • お風呂には水をためておくべし
  • 地震を怖がる子供には絵本なども有効