ママたちの体験談

お水は500mlを備蓄しておくべし

阿蘇市内牧 N.T 子供:7歳(男)、5歳(女) 公開日:2016.11.15 更新日:2016.11.15

前震直後

前震の日は、南阿蘇の温泉センターに家族で行っていた。お風呂から上がってロビーにいたら、ロビーのガラスが空気圧で膨らんで、「ブアン」と音がした。その後揺れ初めて、みんなしゃがみこむような感じで過ごした。もう帰らなくちゃということで、阿蘇大橋を通って帰った。今考えると恐ろしい。阿蘇大橋は本震で落ちてしまったから。

本震直後

地震がまた来るとは思っていなかった。住んでいるアパートの人が、また来るかもしれないので着替えとかを車の中に入れていると言っていたが、聞き流していた。揺れた時は寝ていた。気づいた時には夫が玄関ではなく窓をバンと開けて、上の子を抱えて外に出た。私は下の子を逆さにして持ってはだしで外に出た。私は目が悪いのだが、眼鏡も携帯も持たず、着のみ着のままという感じだった。余震の合間を縫って、夫が眼鏡と携帯を持ってきてくれた。非常用持ち出し袋とか作ってなかったけど、もし作っていても、玄関に置いていたら持ってこれないと思う。懐中電灯とかも玄関に置いていたら無理。

車中泊

アパートの側にいたら危ないということで、はな阿蘇美という広い駐車場がある施設に移った。前震の日、たまたまカリフォルニアダウンという地震が出てくる映画を見ていたので、とても恐ろしかった。はな阿蘇美も地割れとかできていた。車は軽自動車だったので、余震でとても揺れた。でも子供達は普通だった。軽自動車に4人避難するのは大変だ。合計3回車中泊をしたが、夫も私も背が高いので、体がとても痛かった。それに寒かったので、ダウンなど出して着ていた。

赤水の避難所で炊き出し

阿蘇市赤水の夫の実家には義理の母がいるので心配だった。携帯も通じなかったので、行こうかとも思ったが、明るくなってから行った方がいいということになった。本震の日は寝なかった。明るくなってから夫の実家に行った。義理の母は、余震の中家の片付けなどしていた。その日は赤水公民館に避難し、一泊した。指定の避難所じゃなかったので、直接ものが届かない。赤水地区の婦人会の方達が炊き出しをしていらっしゃったので、手伝っていた。

重宝したのが赤ちゃんのおしりふき。水道が出ないので、手ふきとかにも重宝した。あと、マウスウォッシュ。水が出ない時に便利だった。

農村改善センターに避難

上の子がぜんそく持ちだったが、1年ぐらい出ていなかった。でも地震で出てしまった。阿蘇市の避難所に本震の2日後から1週間ほどいたのだが、その時に出てしまった。役場に近いし情報も入ってくる、それにアパートにいるより安心だと思い、農村改善センターを避難所に選んだ。避難所にはぎっちり人がいた。お年寄りの方などはトイレから遠くの場所だととても大変そうだった。子供より年寄りの方が具合が悪くなる人が多い。私は介護職だが、避難所から職場に通い、また避難所では大変そうなお年寄りの世話をしていたので、ずっと仕事をしているという状態だった。避難所では、余震がすごく怖くて、職場である老人施設でもみんな怖がっていた。

子供はその場によくなじむ。みんなでゲームするなど避難所でも適度に楽しんでいた。

お風呂は、温泉街だったので2日後には温泉に入りに行った。また、温泉に何日か入っているうちに自衛隊がお風呂を設営してくれたので、ずいぶんお世話になった。子供なんかはプールみたいだと喜んでいた。子供はあまり怖い思いをしていないようだ。

知り合いの子供は、ずっと車中泊だったので、顔が焼けていた。大変だなと思った。

携帯が通じるようになると、ラインで動物園のライオンが逃げてるから気をつけてとか、自衛隊の格好をした不審者がいるとか、また大きい地震が来るとかの情報がたくさん送られてきた。精神的にやられる場合もあるので、こういう便利なツールもよしあしだと思った。

仕事場も学校も避難所から近かったので良かった。こんな時だから子供となるべく一緒にいてあげたいので…。保育園が再開してなかった時は、会社の中の託児所にずっと預かってもらっていた。上の子とかはゲーム三昧だったので、その後戻すのが大変だった。

私の実家は熊本市内なのだが、実家の方が水や食べ物が大変そうだった。阿蘇はわき水やら温泉やらがあるのでその点恵まれていると思った。ご飯は基本的には炊き出しがあったので良かった。避難所には同じ食事が大量に来るので、食べきれないこともあった。もったいなかった。

水は、大きいペットボトルではなくて500mlのを何本も用意していた方が持ち運びにも便利だし、腐ることもないので良いと思った。あと、自衛隊に水をもらいに行くのに備蓄容器は必須だった。もらいに来ていた人の中には、ボールややかんも持ってきてた人がいたが、漬け物樽が軽くて丈夫そうでいいなと思った。

(エリア:阿蘇市内牧一区)

教訓
  • 水は大きいペットボトルよりも500mlを何本も用意しておくのがおすすめ
  • ラインで送られてくる情報に精神的にやられないように!
  • 赤ちゃんのおしりふきは手拭きなどにも重宝
  • マウスウォッシュは水が出ないときに便利