ママたちの体験談

上の子が嘔吐下痢中に地震が来た

菊池郡大津町 M.T 子供:5歳(男)、1歳(男) 公開日:2016.11.15 更新日:2016.11.15

前震・本震直後

大津は、前震の時も結構ゆれた。キッチンの高いところに置いてる品物が落ちてきたり、リビングもちょっと乱れていたり、本棚が倒れたりした。本震の時は、息子(5歳)が嘔吐下痢で吐いてしまい、その処理をしている時にちょうど地震がきた。ぐらぐら揺れて、電気が切れて、またぱっと電気が付いたので、リビングに落ち着こうということになり、一度はリビングにいた。でも余震とか怖くなったので、車の中に移動した。最初はアパートの前にいたが、ここも危ないということになり、スポーツの森にみんなで移動した。

立野の夫の実家に行けなかった

1歳の息子は離乳食ももう終わっていたので、菓子パンとかミルク飲ませたりとかしていた。電気とかガスとか大津は割と早めにきたのでありがたかった。南阿蘇村立野に夫の実家があるので、次の日に言ったのだが、通行止めをくらってしまった。義理母と義理父は夫の兄の家に避難することになった。

必要なもの

子供は病気するので、年中・年長ぐらいになっても紙おむつとかあるといいと思った。特に嘔吐下痢で車中泊だと本当に辛い。あと、水分補給のためのポカリスエットとかも用意しとくといいなと思った。食べ物は、乾パンとか用意していても今の子は食べきれないので、お菓子も常備しておくべき。子供はおなかがすくと不機嫌になるので、お菓子は本当に必須。魚肉ソーセージはそのまま食べられるのでいいのではないかと思う。

保育園について

保育園は南阿蘇村のちょうよう保育園に通っていたので、5月初旬に大津の本田技研のキッズルームにできた分園に通うことになった。立野の子とか大津の保育園に転園したりもしていたけど、精神的に無理して別のところに通うよりも先生達も一緒の分園に通うのがいいということで、ちょうよう保育園までのルートができるまでは分園に通わせるつもり。

支援物資をもらう時

支援物資をもらうにも、何時間も並んでいなくてはならなかったので、番号札とかもらえれば良かったなあと思う。健常児はうちに置いてきたりしても大丈夫だけど、障害児とかの家庭は悲惨だと聞いた。何時間も外で並んでいられないので…。

(エリア:菊池郡大津町)

教訓
  • 常備しておくのは乾パンよりもお菓子や魚肉ソーセージが良いかも
  • 支援物資をもらうのに並ぶ時、番号札がほしかった