ママたちの体験談

子供達と離れているのが不安だった

南阿蘇村吉田 M.S 子供:小2(女)、4歳(男) 公開日:2016.11.25 更新日:2016.11.25

前震・本震直後

前震の時は幸いにも被害がなく、翌日仕事にも行った。仕事は保険の営業をしているが、担当エリアのお客様にも特段被害はなかった。

本震の時は、まだ怖かったので居間で寝ていた。木造なので揺れ方は激しかった。益城の方などに比べるとよかったかもしれないが、メリメリという音が印象的だった。しかし、家の中の被害としては飾りものが1、2個こわれたぐらいだった。

車中泊

その日、夫は消防の手伝いに行き、上の子が怖がるので白水体育館の駐車場に行って車中泊した。車中泊は結局3泊だった。昼間明るいうちに水をくみに行ったり、ご飯を作って食べたりして、夜になると家の駐車場の車の中で寝ていた。ご飯は、カセットコンロとボンベを使って料理していた。お米は土鍋で炊いた。冷凍食品なども適宜食べていた。

ポリタンクは用意していた

水は白水水源だけではなくていくつか水源があるので助かった。停電の時にそなえて水用のポリタンクを用意していたのでよかった。

ガソリンを求めて五ヶ瀬町へ

携帯電話がラインも含めて通じなかった。結果的に会社の行方不明者名簿にも入れられてしまった。土曜日の午前中、コンビニに公衆電話があることを思い出し、両方の実家に無事を連絡した。ガソリンを車に入れてなかったので、テレビが見られず、親から南阿蘇が大きく報じられていることを聞いてびっくりした。

日曜日に、南阿蘇村の南東方向にある宮崎県の五ヶ瀬町まで行くとガソリンが入れられるという情報を消防から夫が得てきたので、五ヶ瀬町にガソリンを入れに行った。携帯電話もやっと通じて、ラインは400件あまりメッセージがきていた。必要最低限のところに返事を出して、フェイスブックにも無事だというメッセージを書いた。五ヶ瀬町ではコインランドリーで洗濯もした。お風呂も入ることができた。日曜日にようやく上司に連絡できた。

子供は佐賀の夫の実家へ

月曜には、災害休暇がとれると会社から聞いた。休んでいいのかとも思いつつ、月曜だけ休んだ。電気が通っていなかったのもあり、仕事もあるので、子供達は佐賀県唐津市にある夫の実家に4日間預かってもらった。

避難所にも子供連れでは行きづらかった。防災無線は、外に出ないと聞こえない状態だったので、情報を得るのが難しかった。

私の実家は神戸で、阪神淡路大震災の時は高校生だった。その時の経験から、実家の父が大きめの懐中電灯・予備の電池・ヘルメット・ラジオを送ってくれていたので、重宝した。

夫は消防に行ったきりだった。火曜日には私の職場から自宅待機するようにと連絡があった。宮崎県に洗濯や買い出しに出かけた。南阿蘇の家では携帯が通じないので、お客様の安否確認などは宮崎でしていた。

しばらく子連れ出勤していた

水曜日に会社に行って、倒れた棚などなおして、その週休みをとって子供達を迎えに行った。二人とも私から離れなくなった。子連れ出勤してよいと会社に言われたので、子連れ出勤していた。また、自分達の安全を第一に考えるようにとの会社からのお達しがありがたかった。1ヶ月はとても営業活動できるような雰囲気ではなかったのだが、今は営業活動も再開している。

阿蘇大橋が崩れていたのがとてもショックだった。いつもの道を通って職場に行けなくなった。夫も仕事場は南阿蘇村ではないので、何かおきたら南阿蘇の保育園にいる子供達と離ればなれになってしまうのが不安だ。あの阿蘇大橋でさえ落ちたのだから、何が起きてもおかしくない。

地震で下の子は保育園が休みだから遊びに行こうと言ったり、不安だけど車中泊も楽しんだりしていた。そういう楽しんでいる状況ではないんだよということを理解してもらうのが難しかった。

介護の仕事している人などは、地震後すぐ呼び出されて、施設側が託児をするので来てくれと言われた人もいる。

地震で被害が大きかったところを通るのはとても気持ちが沈んでしまうし、通ってよいのかとも思うので、今は別ルートで職場に通っている。

阪神淡路大震災との違い

阪神淡路大震災と違うのは、阿蘇はスペースが広いので、物資でも救急車・消防車でも入りやすいということがあると思う。自衛隊も充分に来てくれたのでよかった。

職場からの解雇や観光業の衰退、冬の道路問題で物流が滞り、また病院などに行きにくくなることなど考えると、長期的な対策が必要だと思う。阿蘇は孤立してしまうのではないかと不安だ。

教訓
  • 避難所には子供を連れて行きづらいことも
  • 地震後は保育園などが休みになり子連れ出勤の可能性も
  • 公衆電話がある場所は確認しておくとよい
  • 地震後は通れなくなる道が続出するかも
  • 他県まで行ってガソリンを入れたりコインランドリーを利用したりする可能性がある